So-net無料ブログ作成
検索選択

警察に電話「養子縁組、狙われてる」 遺体発見女性の携帯に履歴(産経新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防沿いの斜面で4月29日、宇野津由子さん(36)の遺体が見つかった事件で、宇野さんとみられる女性が16日夜、豊能署に携帯電話で「養子縁組して保険金をかけられた。狙われている」と相談していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。相談内容が事件と似ていたため、宇野さんの身元が判明した5月10日、応対した署員が上司に申告し、発覚したという。

 豊能署や捜査関係者によると、電話は4月16日午後9時ごろ、匿名で豊能署にかけられ、「豊能町の養父母の家を飛び出し、荷物を取りに来なかったら処分すると言われている。養子縁組して保険金をかけられた。狙われているかもしれない」と訴えた。署員は約30分間応対したという。

 宇野さんについては5月10日に養父母が身元を確認した際、養子縁組や保険金加入の事実が相次いで明らかになった。署員の申告に基づき、府警が宇野さんの携帯電話の発信記録を調べたところ、豊能署に電話をかけた事実が確認された。

 宇野さんは1月、「住み込みの仕事がある」と養父母宅に転居したが、4月には大阪市内の実父を訪ね、身の危険を訴えていた。

 石垣峰竹・豊能署副署長は、「署員は一般的な問い合わせと判断し、相談内容を記録に残したりしなかった。対応が適切であったかどうかは必要であれば検証したい」と話している。

【関連記事】
ネットで知り合い養子縁組後に生命保険数千万円分 大阪・淀川ポリ袋遺体
露、米への養子縁組凍結 「虐待」に反発 家庭崩壊 施設に70万人の子供
ロシアからの養子をひとりぼっちで「強制送還」した米国人家族 
大量申請の懸念現実に 審査厳格化では限界も 外国人の子ども手当
名字変更目的? 架空の養子縁組容疑で男逮捕 前橋
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

野村沙知代さんが「暴力団関係者と相撲観戦」の記事めぐり週刊新潮を提訴 (産経新聞)
<南アW杯>名古屋は42.8% 瞬間最高視聴率(毎日新聞)
荒井国家戦略相に「事務所費問題」 本人説明せず…民主慌てて疑惑否定(産経新聞)
「菅効果」V字回復、熱気の両院議員総会(読売新聞)
皇居の「自然観察会」申し込み要領発表(産経新聞)

iPSで「免疫」量産 理研が成功 がん治療に光(産経新聞)

 理化学研究所は、抗がん効果を持つ免疫細胞からiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製し、分化誘導させることで同じ免疫細胞を大量に作ることにマウスで成功した。免疫細胞の数が少ない患者でも治療効果の改善が期待できるという。1日付の米医学誌(電子版)に発表した。

 この免疫細胞は、肺がん治療などで有効性が知られる「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」。NKT細胞の活性化による抗がん治療は臨床試験段階にあるが、患者の3分の2はNKT細胞の数が少なく、効果が低いのが難点とされる。

 皮膚などから作ったiPS細胞からもNKT細胞を作ることはできるが、同時に別の免疫細胞も作られ、効率が悪かった。

 研究グループは、NKT細胞から作ったiPS細胞が、ほぼ確実にNKT細胞へと分化誘導できることを突き止め、NKT細胞だけを大量に作りだすことに成功。がんを発症させたNKT細胞欠損マウスに投与すると、症状が改善することも確認した。

 ただし、iPS細胞を作製するときにレトロウイルスを使った場合は、発がんの可能性がある。研究グループの渡会浩志・上級研究員(免疫学)は「ヒトへの応用には、発がんの恐れのないiPS細胞作製法の確立が必要」と話す。

【関連記事】
がん転移の仕組み解明も 体組織構築の“司令塔”解明
生殖細胞の作製解禁
歯茎からiPS細胞作製へ 大阪大倫理委が承認
米企業がiPS細胞のライセンスを取得
既に「標準語」の英語 理系学問の世界
「はやぶさ」帰還へ

赤松農水相の動画に非難殺到 にやけた表情で「早く殺せって言ってる」(J-CASTニュース)
<社民党>連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)
山田宏氏、東京選挙区から出馬へ 参院選(産経新聞)
「首相挨拶に感銘を受けた」小沢氏(産経新聞)
家畜伝染病予防費は「改善」=農水・財務両省が仕分け(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。