So-net無料ブログ作成
検索選択

iPSで「免疫」量産 理研が成功 がん治療に光(産経新聞)

 理化学研究所は、抗がん効果を持つ免疫細胞からiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製し、分化誘導させることで同じ免疫細胞を大量に作ることにマウスで成功した。免疫細胞の数が少ない患者でも治療効果の改善が期待できるという。1日付の米医学誌(電子版)に発表した。

 この免疫細胞は、肺がん治療などで有効性が知られる「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」。NKT細胞の活性化による抗がん治療は臨床試験段階にあるが、患者の3分の2はNKT細胞の数が少なく、効果が低いのが難点とされる。

 皮膚などから作ったiPS細胞からもNKT細胞を作ることはできるが、同時に別の免疫細胞も作られ、効率が悪かった。

 研究グループは、NKT細胞から作ったiPS細胞が、ほぼ確実にNKT細胞へと分化誘導できることを突き止め、NKT細胞だけを大量に作りだすことに成功。がんを発症させたNKT細胞欠損マウスに投与すると、症状が改善することも確認した。

 ただし、iPS細胞を作製するときにレトロウイルスを使った場合は、発がんの可能性がある。研究グループの渡会浩志・上級研究員(免疫学)は「ヒトへの応用には、発がんの恐れのないiPS細胞作製法の確立が必要」と話す。

【関連記事】
がん転移の仕組み解明も 体組織構築の“司令塔”解明
生殖細胞の作製解禁
歯茎からiPS細胞作製へ 大阪大倫理委が承認
米企業がiPS細胞のライセンスを取得
既に「標準語」の英語 理系学問の世界
「はやぶさ」帰還へ

赤松農水相の動画に非難殺到 にやけた表情で「早く殺せって言ってる」(J-CASTニュース)
<社民党>連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)
山田宏氏、東京選挙区から出馬へ 参院選(産経新聞)
「首相挨拶に感銘を受けた」小沢氏(産経新聞)
家畜伝染病予防費は「改善」=農水・財務両省が仕分け(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。